トップページ > レポート > 7月14日教室レポート

7月14日教室レポート

2013年7月14日開催の教室のレポートです。
今回は、梅雨開け前を見越して、アクアパッツァなどの献立を予定していたのですが、例年よりも早い梅雨明けとなり、とても暑い日々が続いておりました。なので、レシピを変更させて頂くことに。
今回のレシピは

  1. ズッキーニの付け合わせ
  2. かつおと水菜のカッペリーニ
  3. 牛肉のバルサミコ風味 パルミジャーノレッジャーノとハーブサラダ添え

でした。今回もとっても美味しく、楽しい教室でした!

1.料理説明

まず今回作る3品の料理説明からです。今回は、少し珍しい調味料を数種類使うので、その調味料の説明はもちろん、イタリアでもあまり作り手がいないこと、また、日本で買う際に良い物を見つける方法について説明がありました。また、牛肉のバルサミコ風味で使うパルミジャーノレッジャーノを選ぶ際のポイントについても教わりました。

料理の説明

2.宇田川先生によるデモ

一通り説明が終わった後は、宇田川先生によるデモです。カッペリーニについては、グレープフルーツの切り方、かつおの下ごしらえの仕方、パスタの茹で加減について説明がありました。牛肉のバルサミコ風味については、肉の焼き方、塩こしょうの加減と振り方、火加減、出来上がり後の包丁の入れ方についてデモがありました。

料理デモ

3.ズッキーニの付け合わせ

さて、実際に調理を開始します。まずはズッキーニから。こちらは単純な料理ではありますが、スーパーでも普通に売られている薬味を追加する事で、見た目も綺麗に大変身!最後にオリーブオイルを振りかけて完成です。

ズッキーニの付け合わせ

4.かつおと水菜のカッペリーニ

今回のこちらの料理は、少し男性に取っては挑戦しがいのある料理では、という感じがしました。まずはグレープフルーツを切るのですが、こちらがなかなか男性には難しかったりします。そして、カッペリーニという、細めのパスタを、今回は使用します。とっても独特な調味料を使って、なんとも日本人に懐かしい匂いの料理のパスタの出来上がりです。

パスタ

5.牛肉のバルサミコ風味 パルミジャーノレッジャーノとハーブサラダ添え

こちらも、シンプルながらもコツがあり、しかも完成はとってもかっこいい、自慢出来る料理です。お肉を焼く時のコツを教わった通りに試してみて、調理します。出来上がったお肉をおしゃれに切って、仕上げにバルサミコ、と、パルミジャーノを刻み入れて、完成です。

牛肉のバルサミコ風味

6.頂きます!

今回もたっぷりとある量でした。そしてズッキーニは、中は柔らかく、そして口に入れた瞬間にオリーブオイルの香りが鼻に抜けて、とっても美味しい料理でした。カッペリーニは、独特の調味料がとっても個性的に存在感を放っていて、何とも言えない、イタリアンでありながら、和風の味わいもある、特徴的な料理です。メインの牛肉のバルサミコは、とってもかっこ良く、そして肉汁を逃さない焼き方を教わったので、お肉の旨味がタップリ味わえる料理でした。どの料理もとっても美味しく、またお腹いっぱいの献立でした。

完成した料理

次回の料理教室もご期待下さい。