トップページ > レポート > 教室レポート > 【2014年7月6日:トマトを学ぼう!】

【2014年7月6日:トマトを学ぼう!】

2014年7月6日に都内で行われた、料理教室のレポートです。今回の献立は、
■トマトとサーモンの冷製カッペリーニ
■ブルスケッタ2種類
■タリアータ
でした。

■パスタの説明
今回のパスタは、カッペリーニと言って、とても細いパスタです。男性の方はもちろん、女性の方にもあまり馴染ものないパスタかもしれません。冷製パスタにはぴったりで、しかも今回作る料理は、調理時間もとても短く、カッコ良いのに簡単!なパスタです。サーモンを使ったパスタで、イタリアの魚醤、「コラテゥーラ」も使用します。トマトについても、おいしいトマトの見極め方を説明していきます。スーパーで売っているトマトの中で、美味しいトマトを見極めることが出来れば、もちろん味もグッと美味しくなります!
カッペリーニ

■パスタデモ
宇田川先生にパスタのデモをしてもらい、学んでいきます。簡単ながらも、一つ一つの手順に美味しく作るための秘密があり、写真を取りながら、覚えていきます。

パスタデモ
■パスタ調理
グループに分かれて、パスタを調理していきます。醤油に慣れた日本人にとって、塩の味付けがとても難しいので、少しづつ少しづつ味を足していきます。グループによっては、コラトゥーラを使用しているところもありました。コラトゥーラとは、イタリアの魚醤のことです。
出来あがったら、まずはパスタを先に頂きます。皆さんとっても美味しく調理できたのでは?と感じられる見た目でした。
パスタ調理

トマトとサーモンの冷製カッペリーニ
■ブルスケッタ、デモ
パスタを食べ終わったら、ブルスケッタに移ります。ブルスケッタ?簡単じゃない?と思う方が多いと思います。ところが、レストランで頂く様な、みずみずしいブルスケッタにするには、ちょっとしたコツがあるんです!!
ブルスケッタデモ
■調理、試食
ブルスケッタはそんなに時間がかかりませんので、さくさくと進めることが出来ます。
トマトとバジルも美味しいですが、ニラとクリームチーズの意外な取り合わせも、とっても美味しいですね。

ブルスケッタ

■肉デモ
肉は焼き過ぎると固くなってしまうものですが、生過ぎると、今度は冷たかったり、肉汁が出てきしまったり、と「肉を焼く」というのは、なかなか難しいものです。肉汁は残しつつも、火は通す、という事ができればよいのですが、そのやり方についての説明もありました。簡単なことのようですが、一手間かけることで普段食べているお肉も、格段に美味しくなるのですね。

■肉調理
デモンストレーションで教えて頂いた通りに、皆さん調理されます。サラダの盛りつけ方も習いながら、美しく盛りつけて、頂きます。
タリアータ
今回も、ご参加頂きました方々にとって、楽しい料理教室となっておりましたら、幸いです。
次回は、「パスタ!!祭り!!」です。パスタを3品作ります。是非ご期待下さいっ!!