料理男子なら焼き海苔はどうでしょう?

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

担当の林です。

今日は身近すぎてその存在を忘れてしまいがちな海苔について、お話ししたいと思います。味付け海苔と焼き海苔は、何が違うのでしょうか?これは簡単ですね、味付け海苔は、海苔の表面に味がついています。 では、一体何が海苔の表面に塗られているのでしょうか?私達の口に入る物ですから、出来れば知っておきたいですね。

香りのある焼き海苔 味付け海苔の表面の「味」の部分には、醤油、みりん、砂糖、海老エキス、唐辛子、昆布、アミノ酸等が主に使用されているようです。海苔にこれほどまでに多くの物が使われているのは少し驚きますね。アミノ酸、というのはいわゆる旨味調味料のことのようです。この味付け海苔、その名の通り、味がついていて、便利は便利です。なのですが、焼き海苔と比べると

海苔の香りが少ない

という欠点があるように思います。確かにエビ、昆布等の香りはして、良い香りなのですが、それはあくまでも人工的につけられたもの。海苔の香りではありません。せっかく海苔を食べるのであれば、海苔の特徴を楽しみたい所です。

特に関東の方では焼き海苔が好まれていて、関西の方では味付け海苔が好まれているようです。(このブログを書いている林は高校時代まで大阪に住んでいました。おにぎりも味付け海苔で巻かれていました)。これはこれで美味しいのですが、味付けは醤油や他の具材で十分に出来ます。ですので、焼き海苔で磯の香りを感じる、という方が食べる楽しみにつながるのでは、と思います。

普段味付け海苔を主に食べていらっしゃる方は、一度焼き海苔を試されるのも良いかと思います。海苔のとても良い香りを感じることができます。

さて、せっかくなので、もう一手間掛けてみても良いと思います。
海苔は、炙ると香りが強くなるのをご存知でしょうか?食べる前に必ず炙らないといけない「板海苔」とは違い、本来焼き海苔は既に炙られています。よってその必然性はないのですが、頂く寸前に炙ってからおにぎりにしたり、手巻き寿司にしたりすると、香りが立ちます。

ただ何で炙るか、ですが、「炭で焼くと本当に美味しいのか?」でもお話ししたように、ガス火ですと、H2Oを発生してベチャっとなってしまいます。香りが良くて美味しい海苔は、パリッと頂きたいですから、これは避けましょう。代わりにオーブントースターに30秒程入れれば、十分に香りの強い焼き海苔になります。簡単ですので、是非お試し頂ければ、と思います。

2013年2月26日開催予定のイタリア料理教室は、料理をしてみたい!と思う方なら初心者の方でも大丈夫です。食べるのが好きな男性同士でワイワイガヤガヤ楽しむはどうでしょうか?皆様のご参加をお待ちしております。現在予約頂いているだけでも、30代から50代まで、幅広い年齢の方が参加される予定です。

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>