こんな野菜を料理してみましょう2。〜サラダほうれん草〜

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

担当の林です。

前回こんな野菜を料理してみましょう。〜カブ〜に引き続き、今回も野菜について書きたいと思います。スーパーでは存在感も薄く、小さく座っている「サラダほうれん草」という野菜をご存知ですか?しかしこの野菜、食べてみると、存在感大です。この野菜、生でも食べられるほうれん草なんです。手軽に出来ますので、料理教室に興味のある男性は試されてみてもよいかと思います。

1.ほうれん草は生では食べられない?

私達がよく口にするほうれん草ですが、どういう料理が多いでしょうか?やはりおひたしではないでしょうか?おひたし、とっても美味しいですね。でも、茹でているんです。

そうなんです。ほうれん草は生で食べるのには適していない野菜なんです。

なぜでしょう?

それはシュウ酸のせいなんです。シュウ酸とは、HOOC-COOHで表されるジカルボン酸です。ほうれん草の「あく」がシュウ酸そのものです。シュウ酸を摂取すると、つまりほうれん草を生で食べてしまうと、この物質は体内のカルシウムイオンと結合してしまいます。そして尿路結石を引き起こしてしまう原因となるのです。

このHOOC-COOHですが、茹でると水中に溶け出します。そういうわけで、茹でてシュウ酸を除いてしまって、美味しく頂こう、というのが普通のほうれん草なんです。

2.サラダほうれん草の力

サラダほうれん草は普段私達が口にするほうれん草は違い、シュウ酸の含有量が少ないのです。生食用に品種改良されており、茹でる必要なく生のまま食する事が出来るのです。これは素晴らしいですね。このサラダほうれん草を使って、今回はサラダを作ってみたいと思います。下の写真は、左がサラダほうれん草、右が通常のほうれん草です。見た目には葉の形の違いぐらいで、あんまり大きな違いは無いように見えますね。
ほうれん草とサラダほうれん草

3.サラダ

■サラダの材料
-サラダほうれん草
-くるみ
-小さなトマト
サラダの材料

作り方
■野菜を洗う
サラダほうれん草、小さなトマトを洗います。サラダほうれん草は、根元を切って、洗いましょう。小さなトマトは4等分程度に切っておきます。

■クルミを小さく切る
クルミ!?と思われたかもしれませんが、サラダにクルミは、とっても相性がいいんです。しかもナッツ系はタンパク質が豊富ですので、是非男性の方にも使って頂きたい食べ物です。賞味期限も長めですし、サラダには基本的に合うたべものですので、「買ったは良いけど、殆ど使わない・・・」という事もありません。さっぱりした中にもこってりした味わいが広がり、とても美味しいのでもし良ければ使ってみて下さい。

■ドレッシングを作る
せっかくなので、ドレッシングも自家製で作りましょう。ドレッシング、意外と簡単に作れるんです。

ドレッシングの材料
-オリーブオイル定量
-酢適量
-塩適量
-砂糖適量
ドレッシング

■仕上げ
ドレッシングとクルミを先に混ぜ合わしましょう。
ドレッシングとクルミ
そして次に、野菜にドレッシングを混ぜ合わせて、出来上がりです。
ドレッシングを野菜にかける
最後に盛りつけです。
サラダほうれん草のサラダ
そして食べてみると・・・・。

このサラダほうれん草、とーっても美味しいです。ちゃんと味があって、「野菜を食べている」と感じる事が出来ます。少し酸味の効いたドレッシングとも相性が良く、あっという間に食べ終わってしまいます。家族・友達・知人の方に振る舞っても、「この野菜、おいしい!何!?」と言われる事と思います。しかもクルミも使っているのでタンパク質も豊富なサラダです。
是非お試し下さい。

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>