カラザは取るべき?

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

以前記事にしましたカラザ。レストラン等では取っている所も沢山あります。ご家庭でも、カラザをとる方は沢山いらっしゃるかと思います(以前の記事でも取る、とコメント頂きました)。果たしてカラザ、取った方が良いのでしょうか?取らない方が良いのでしょうか?今回はあくまでも、栄養の視点から。

卵のカラザ、その栄養
「カラザは取らない方がいい」です。

カラザの成分は主にタンパク質とシアル酸から出来ています。タンパク質が体に良いのは当たり前ですが、このシアル酸も体にいいんです。シアル酸は中華高級食材のウミツバメの巣や母乳等に含まれている成分です。人体の細胞の表面に存在し、細胞を保護する成分として働きながら、免疫力を向上させてくれます。ガンの転移を防ぐ作用もあるんです。

つまり、捨てるのはもったいない部分と言える気がします。生のまま調理する卵かけご飯などであれば、取り除くのも良いかと思いますが、加熱するのであれば、カラザは積極的に頂いた方が良いようです。

写真は定番のbreakfastです。今日も一日頑張りましょう!

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>