コロッケはどこ国の料理?

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

担当の林です。コロッケは国民食といっても過言ではない程、老若男女を問わず愛されている、家庭料理だと思います。本当に美味しいですよね。今日はコロッケの話です。

盛りつけられたコロッケ

学生時代に、ある時お弁当屋さんの前で、何の弁当を買おうか迷っていました。
すると、ヨーロッパ系と思われる留学生が私に、ある弁当の見本を指差しながら、
「What’s this?」
と言ってきたのです。
指の先にあるのは、コロッケでした。
コロッケって英語で何て言うんだろう、と考えながら、あたふたしていましたが、

「えー、コロッケなんだけど、何て言うんだろうなー」と

日本語で小さな声で口にしました。するとその留学生は

「Oh, that’s コロッケ〜〜〜」

と言うのです。

えっ??

コロッケって日本料理じゃないの?日本で出来た食べ物じゃないの?
と仰天しました。

1.コロッケの起源

コロッケ、もともとどこの国の食べ物かご存知ですか?実は、定かではありません。が、説としては、フランスのクロケット(croquette)、オランダのクロケット(kroket)、またポルトガルから来た説あたりが有力です。ポルトガルでは、干した鱈を使う料理が沢山あります。コロッケにおいても、干した鱈とジャガイモを使って中身が作られています。

2.コロッケをよく食べるのは??

昔大阪に住んでいた頃の記憶ですが、大阪、奈良、京都などでは、コロッケ屋さんを良く見かけます。店先でおばちゃんがコロッケ、ハムカツ、ミンチカツ(関西ではメンチカツではなくて、ミンチカツと言います)、ビフカツ(関西では、トンカツではなくて牛を使ったカツも食されます)等を揚げていて、その場で食べる事も出来ます。ところが関東では(全くないことはないですが)関西と比較してあまり見かけないな、と思い、県別消費量を見てました。すると、関西地方と東北地方が良く食べられている事が分かります(とどラン様より画像を頂きました。)。

コロッケの消費量

 

3.油の違い

コロッケ屋さんで買って食べるコロッケと、家で食べるコロッケは、少し味が違うな、と感じられた事は無いでしょうか?これはご存知かもしれませんが、一つには「油が違う」事があるのです。

コロッケ屋さんでは、ラードを使っています。ラードとは豚の脂です。それに対して家庭でコロッケを作る際には、一般的にはサラダ油を使いますよね。やはりラードを使った方が、コクのある味わいになります。揚げ物で家庭でラードを使うのは難しいかもしれませんが、炒め物等であれば、大した量ではありませんので、チャーハン等を作られる時には、ラードを使われるのも良いと思います。オススメです。下の様にチューブで売っている物を購入されると、使いやすいです。

雪印)純製ラード(チューブ入) 250g
また、少し宣伝になりますが、当教室では4月28日に、イタリア家庭料理の教室を開催します。とっても美味そうな旬の食材を使った献立なので、ご興味のある方は、料理男子達で集まって一緒に作ってみるのはいかがでしょうか?

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>