フォンダンショコラ、その秘密

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

もうすぐバレンタインデーがやってきますね。

バレンタインデーでは、男性は女性からチョコをもらう習慣がありますので、今日はチョコの話題についてお話ししたいと思います。レストランやケーキ屋さんでフォンダンショコラを召し上がった事、あるとおもいます。

フォンダンショコラ

外のふわっとして美味しい生地を食べると、中からトロっとチョコレートが出てきて、あぁ〜、幸せ〜、となる、例のお菓子です(笑)あのフォンダンショコラ、どうして外は固まっているのに、中はトロッとしているんだろう、と感じた事はありませんか?実はとーっても手間のかかるお菓子なんです。

フォンダンショコラは、2種類の生地から出来ているのです。
外のチョコ生地と中のチョコガナッシュ、それぞれ違う材料から出来ているのです。

外のチョコ生地:チョコ、バター、生クリーム、グラニュー糖、卵黄
中のチョコガナッシュ:チョコレート、牛乳、生クリーム、バター

チョコ生地の方は、卵黄を泡立たせてメレンゲの状態にして、加熱する事で生地になります。一方チョコガナッシュの方は、卵黄が入っていないために、トロッとしたチョコレートの状態のまんまです。この間、ボウルを2つ使って調理しなければいけません。手間がかかりますね。

そして作る時には、生地、ガナッシュ、生地の順に器に入れていくのです。後は加熱することで、あの中身がトロッとおいしいフォンダンショコラが出来るのです。

もし最愛の方から、バレンタインデーにフォンダンショコラを頂いたら、すごく喜んであげて欲しいと思います。とてもおもてなしの心がこもっている料理です。

Share on Facebook
LINEで送る
Pocket

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>